引越し

引っ越しも準備が9割。
自分で調べ、決めて業者さんと協力するのが成功の秘訣

引っ越しって大変ですよね。
あれやこれや準備で大忙し。
引っ越し経験者の経験談を聞いてみませんか。
お役に立つと思いますよ。

荷造は引越しのどのくらい前から始めましたか?

過去の経験から、荷造りには予想以上の時間と労力が必要とわかっていたため、1ヶ月程前から使うものと不要なものを仕分け、不要なものは売るなり捨てるなりし始めました。
本格的な梱包は業者から段ボールなどの資材が届く、引っ越し当日の1週間程度前からですが、その前にはほぼ荷物の仕分けは完了し、段ボールに入れるだけの状態でした。
あとは引っ越し当日までに使うものだけを残してその他のものは3日前には全て段ボールに入れ終わっていました。
そして、引っ越し当日、全てのものが段ボールに入ったことを確認してから段ボールを閉めました。
しまい忘れ、段ボール同士の整理整頓などが必要になることがあったため、閉めるのを引っ越し当日にしたのは正解だったと思います。

引越し前に準備したり調べておかなければならないことはなんですか?

家具の配置は必ず決めておかなければなりません。
引っ越しに慣れている業者さんの力を借りないと室内での移動が難しい家具はあらかじめ配置を決め、業者さんに的確に指示を出し、配置してもらうようにします。
後から自分で配置を変えようとするととても苦労するので、室内のレイアウトはしっかりと決めておく必要があります。
また、新居の周辺にあるホームセンターやドラッグストアーの位置を把握しておくと、引っ越し後に買い揃える日用品の購入がスムーズになります。
引っ越し後はバタバタと忙しい中で、料理して食事をとるのが難しいこともあるため、近くの飲食店やスーパーマーケットの位置をあらかじめ調べておくと、転居後のストレス軽減に役立つでしょう。

引っ越し業者を選ぶ際、金額以外に何を重視すべき?

重視すべき点は素早さ、正確さ、丁寧さだと思います。
私がお世話になった引っ越し屋さんは見た目はちょっと強面、愛想もほとんどなかったのですが、本当に作業が素早かったです。
私が「重いな?」思いながら運んでいた段ボールを2箱もひょいっと抱えてあっという間にトラックに収納、ベッドもあっという間に解体してしまいました。
書類記入を依頼してくるタイミングも素晴らしく、新居での設営までの流れの説明も明確でわかりやすく、こちらの要望も聞いてくれました。
新居での設営の時も荷物を本当に丁寧に扱い、ベッドの向きを確認したと思ったらあっという間に組み立ててしまいました。
3社見積もりを取った中では一番安い業者だったのですが、スキルもホスピタリティも素晴らしい会社でした。

引越し太郎
最初は地元の業者にお願いしようと思っていたんですが、引越し費用を少しでも安くしようと思ったら一括見積もりサイトを利用することが早道だと知り合いから教えてもらいました。
見積もりして地元の業者と比較したところかなりの差が出たんです。
もちろん一括サイトで選んだ業者の方が安かったです。
安いからと言ってサービスが悪いと言ったことはありません。
教えてもらわなかったら余計な出費をするところでした。
私がお願いした見積もり一括サイトはこちら

-引越し